ロールケージ等車輌保安基準確認のお願い(情報提供)

 平成25年11月に公示・施行された「道路運送車両の保安基準(昭和 26 年運輸省令第 67 号)の改定」により、「自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則」により、前方視界の法規要件が厳しくなり、A ピラー以外の遮蔽物の設置が禁止されるため、ロールケージの形状・装着状態によっては、この法規に抵触する場合があります。
 各自ご確認お願い申し上げます。なお、対象時期に生産された車両は、中古車両であっても対象となります。
 保安基準につきましては、JAFモータースポーツ部もしくは各運輸局、運輸支局にお問い合わせください。

☆JAF(JAFへの申請ならびに地方運輸局での基準緩和手続きについて)(Webサイト)
 第2編ラリー車両規定 第2章安全規定 第4条ロールケージ 4.3)および4.4.3)8(○に8)に記載の手続きについて
 http://jaf-sports.jp/news/detail_000475.htm

☆TOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge 事務局
 ラリー架装について保安基準確認のお願い(PDF)  https://toyotagazooracing.com/pages/contents/jp/rallychallenge/pdf/2019/rc2020_release200131.pdf

☆国土交通省発表資料(Webサイト)
 https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000140.html

☆国土交通省 基準緩和認定要領(Webサイト)
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk7_000022.html

◇以下国土交通省抜粋

 自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則等の採用に伴う道路運送車両の保安基準等の一部改正について

 自動車の安全性の向上及び国際的な基準調和の観点から、今般、国連欧州経済委員会の「自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則(第125号)」、「車線逸脱警報装置に係る協定規則(第130号)」及び「衝突被害軽減ブレーキに係る協定規則(第131号)」を採用し、国内基準に導入することとしました。
 このため、「道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)」等を改正し、本日公布・施行します。(改正の詳細は別紙参照)
 
(1)自動車の運転に必要な直接視界に係る協定規則
 乗用車の運転者席について、運転者席から前方の一定範囲における視界を妨げる遮蔽物の設置を禁止するなどの基準の変更を行います。
  ○適用時期
   新型車 :平成28年11月1日
   継続生産車:平成30年11月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA